カジノ 自治体

地方自治体、民間誘致団体-カジノを含む統合型リゾート(IR)の政治、経済情報・ニュースを配信いたします。カジノ・IR(IntegratedResort)に関する地方自治体・民間誘致団体はこちらカジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済

2018/04/20·政府は、「IR実施法案」を国会に提出し、今国会での法案成立を目指すことになった(参考:「カジノは上限3カ所、『厳しめ与党合意』の波紋」「日本版カジノ、なぜこうも時間が掛かるのか」)。各地のIR誘致関係者は…

まだ、残念ながらカジノ候補地は決まっていません。今は海外観光客も利用できるアクセスのよい場所やカジノ建設できそうな場所を探している段階です。

観光客の増加、雇用の創出、税収アップなど経済的メリットの大きさから、様々な自治体カジノ誘致に名乗りをあげています。各自治体での予算や人員等のコスト投入度合いにはまだ差がありますが、今後新たに誘致合戦に参戦する

住民が主人公の自治体づくりのパートナー(社)大阪自治体問題研究所「こんなことを調べたい」の要望にお応えします。「維新改革」の分析と地域再生などの政策対置、防災まちづくり、町村自治確立、保育行財政などをテーマに

2019/07/21·カジノ、有望7地域で争う「誘致競争」の熾烈上位3位に入らなければ負けになるレース今後、自治体は、IR実施法の中身、および、IR実施法の成立後に政府が策定する基本指針などを注視しつつ、誘致判断と戦略策定を行う

カジノ、40自治体否定的3地域誘致申請へ東京2019年1月28日カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致で、大阪府・市と和歌山県、長崎県の四自治体三地域が国に申請を予定していることが二十七日、共同通信の調査で分かった。

いよいよ日本のカジノ解禁が近づく中、一体「どこにカジノができるのか」が気になっている方も多いのではないでしょうか。ここではカジノ誘致に名乗りを上げている自治体や期待されている自治体など、注目の有力候補地の最新

カジノを含む総合型リゾート施設(IR)の整備を推進する法案(カジノ法案)が2016年12月15日未明の衆院本会議で自民党や日本維新の会などの賛成多数で可決、成立した。日本におけるカジノ解禁問題を賛成・反対の両方の観点から議論

カジノ法案(統合型リゾート(IR)整備推進法案)に関する最新情報や、カジノ法案が成立してこれから日本のギャンブルはどうなっていくのか、日本でのカジノ解禁についてなど、気になる情報をお届けします。

2019/05/19·カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す自治体が困惑を深めている。誘致活動の前提となる国の基本方針の公表時期が定まらず、開業に向けた具体的…

2018/02/19·カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致に各地の自治体が本腰を入れ始めた。国による区域認定の手続きなどを定めるIR実施法案の国会提出も迫っており、地域の経済効果などを盛り込んだ基本構想づくりや2018

シンガポールではスゴイ経済効果がカジノだけじゃない巨大リゾートができる!日本版「IR」有力地とその構想は?「IR推進法」が成立し、カジノが法的に解禁。税収や雇用促進など、大きな経済効果が期待できる

2017/01/10·数千億円の施設安倍晋三政権は6日、首相を本部長とするカジノ推進本部準備室を内閣官房に設置しました。国内のカジノ施設設置の法整備(実施法)策定作業に入ろうとしています。このカジノ計画で想定されているのは

2013/12/31·超党派の国会議員による国際観光産業振興議員連盟(IR議連=通称・カジノ議連)が、カジノ解禁推進法案(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案)を、議員立法(1/3)

2019年のカジノニュース速報カジノ「基本方針」公表見送りへ参院選への悪影響避ける狙い毎日新聞-5月22日(水)政府は、カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備区域の選定基準などを定める「基本方針」の公表を今夏の参院

2018/07/21·カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法が成立したことで、自治体による誘致合戦がいよいよ本格化する。外国人観光客を取り込み地域経済を活性化するIRへ…

2017/08/22·カジノを中心とする統合型リゾート(IR)の実現に向けた準備が本格化してきた。政府は秋の臨時国会へのIR実施法案提出をにらみ、全国での説明会を始めた。自治体や内外の企業の動きも熱を帯びる。2020年の東京五輪

2017/08/22·カジノを中心とする統合型リゾート(IR)の実現に向けた準備が本格化してきた。政府は秋の臨時国会へのIR実施法案提出をにらみ、全国での説明会を始めた。自治体や内外の企業の動きも熱を帯びる。2020年の東京五輪

2016/12/08·成立したIR法に従ってカジノ・IRの整備を推進するのは自治体ですので、それぞれの自治体がどう考えるかということが重要になってきます。

2018/12/16·カジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)整備推進法案(通称カジノ法案)は15日未明、衆院本会議で可決、成立した。今後、政府が実施法案を策定し、早ければ2020年東京五輪前にもカジノがオープンする…

2019/04/28·カジノを含む統合型リゾート(IR)の実施法案が27日に閣議決定された。全国の設置数は最大3カ所とされ、誘致に熱心な自治体はすでに海外のIR事業者と接触を重ねている。ただ、ギャンブル依存症への懸念は根…

2019/05/15·カジノ解禁を踏まえ、ギャンブル依存症に関する学習を学校に取り入れる動きが広がっている。文部科学省は教員向けに基礎的な知識を盛り込んだ参考資料を作成した。「予防教育」と位置づけ、2022年度からは高校

日本でカジノ解禁が検討されている。今年3月の国会答弁で前向きに検討する発言が成され、6月にはIR推

全国の都道府県と政令指定都市の7自治体が・・・。カジノの誘致を目指して頑張っているらしい。そして、2014年度予算案に関連費用を計上したという。北海道が2千万円で海外カジノの事例調査を行い、実現可能性を探る。また、誘致

2018/12/18·日本のカジノ候補地(場所)について2018年、2019年の最新や最有力候補地を掲載。カジノ法案が成立し、各自治体がさまざまな取り組みを見せる中、誘致レースを制するのは一体どこの地域になるのか。建設予定地といわれる

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!今回は、宝くじがテーマです。発売元である自治体にとって、宝くじは儲かりすぎる最強の商売だ!という

2015/01/26·日本に興味があると思われる主なカジノオペレーター海外の多くのカジノオペレーターが日本での参入に興味を持っていると言われており、すでに政府関係者や誘致を考えている自治体との接触が本格化している。また日本の

コメントを残す